春の庭

今日のヒナタノオトは、ホンマユミコとテヅカミキ。
菅原さんの木の器、きょうも幸せな出会いをいただいたとのこと。
大鉢、大皿が人気です。(今週末に現在最終仕上げ分を少し追加くださる予定です)

イナガキ的にお薦めのひとつに、個展中にあっては一見お地味ですが、
ブレッドボードがあります。
木の銘々皿。
拙著「北欧の和み―デンマークの扉をあけて」の中にも綴った
毎朝使ったパンのプレートです。
(片隅の道具―パインのプレート、という文です。)
木のプレートは、トーストを載せても汗をかかないのが便利なところ。
でも、どんな木の板でもよいか、というと、そうでもないのですね。
デンマークのものをそのまま持ち帰っても、どうも我が家の器と合わないのです。

スケール(大きさ)も、日本の食卓とはちょっと違って。
そして何より厚さ、縁の処理、表面の仕上げ。
菅原さんのプレートに出会ったとき「これかも!」と思って購入し、
見事ビンゴだったのです。
言ってしまえばただの四角い板なのですが、その丁寧な佇まいは、
使うほどに愛着が湧いてきます。

菅原さんのプレートはパイン(松系)ではなく、楢。
楢はイギリスでよく使われているそうですね。
そして、形は長方形と正方形。
パン食には長方形がなじむように私は思いますが、
正方形はオードブルやお菓子にいいですね。
画像も、今度アップします!

:::

IMG_9670 (800x533)

うさ村さんとカネヤスさんとイナガキは、やよいさんと一緒に
今日はニッケ鎮守の杜のお庭仕事。
はかどりましたよー。

「工房からの風」ブログをアップしましたので、よろしければご覧ください。
→ 

春、進みますね。
(なぜ、うさ村さんとカネヤスさんには、さんがつくんだろう??)