開催中です

IMG_0020 (398x600)

中本純也さんの白磁の器展、引き続きご案内中です。

IMG_0021 (400x267)

先日もご紹介したすいかずら。
カフェオレボウルにも。

そう、純也さんは龍神村に窯を築く前は、
フランスに滞在していらしたのでした。
パリ近郊。

IMG_0005 (400x267)

こちらは今回5種あるリム鉢の中から一番大きなもの。

IMG_0004 (400x267)

こちらはサラダ鉢。

IMG_0007 (400x265)

飯合。

これはどのように使うのですか?
とお尋ねいただくことが多いのですが、
ご飯はもちろん、スープにも。
食卓で蓋をあけて、「わぁっ!」と、喜んでいただくのよー。
と、選ばれたお客様から教えていただきました!

IMG_0008 (400x260)

大中小とありますが、小さなものは、
つくだ煮やオレンジピールなんていかがでしょうか。

IMG_9992 (2) (400x267)

こちらの小壺も3種の大きさ。
梅干しにもいいなぁ。
一番小さなタイプは、我が家では好みの塩をいれて、
テーブルに置いています。

IMG_0009 (400x267)

平鉢。
どら鉢とともに、盛りやすく、シンプルながら華やぎがあります。
盛り込んだのは、即席和風ピクルス。
(ヒナタキッチンで仕込んだばかり)

IMG_9998 (400x267)

白磁のとろんとした表情。
どんなお料理も受け止めてくれるおおらかさ。

IMG_9997 (400x267)

こちらは平皿。
カレー皿に、、とお選びくださったお客様も。

 

IMG_9990 (2) (400x267)

面取り鉢も、茶目っ気のある美しさが純也さんの器ならでは。

お食事会のときにも思いましたが、全部白磁の器なのに、
テーブルがちっとも単調にならないのですね。
主張する表情ではないのですが、
どれもが微笑みながらお料理を受け止めているような。

IMG_9981 (400x267)

昼下がりのひととき。
窓からの光を盛って。

映っているのは、荒川尚也さんのガラス。

 

IMG_9986 (2) (400x600)

日曜日、龍神村に戻られる純也さんを見送りながら、
スタッフとともに、不思議な充実感に満たされました。
とっても寂しいのだけれど、
また次の時間に向けてお互いが旅立ったような。。。

在廊中出会われたお客様との交流が、
純也さんの制作に豊かな滋養になられたことでしょう。
これからの制作もほんとうに楽しみです。

純也さんにとっても、きっと心に残る今回の窯、作品展。
どの作品も、ぴたっとくる方にお手渡しできますように。。。
最終日まで、気持ちのよい空間に整えて、ご来店をお待ちしています。