12か月のガマグチ  5月

布の話

 

5g2

 

布が好きな人と、布の話をした。

南の島から来ていた

その人の想いや土地の色が

布の話と一緒に流れ込み

胸がつまる程、いっぱいになった。

いろいろな人の

布にまつわる話を聞くたび

気持ちがふくらみ、考える。

沢山の想いがこの世にあって

限られた私の時間で知れることは

恐ろしくほんの少しだ。

でもそれは悲しいことではなく

数え切れない程の想いは

見上げた夜空の星のようで

ただ嬉しい。

 

宮本佳緒里