12か月のガマグチ  7月

 

7g2

 

草むらに落ちた銀杏から

芽がでていた。

見なれたイチョウの小さな葉。

そういえば、銀杏もひとつの種だった。

冬からの野菜たちも、ようやく花が咲き終わり

畑の中でカラカラと種の音がしはじめる。

このイチョウも、もしかしたら

ずいぶん前に見た、巨木のように

大きな大きな幹になり、枝をのばして

1000年以上生き続けるのかもしれない。

小さな粒につまっている、その大きさを

想像するだけで、ニンマリとなる。

 

宮本佳緒里