9月の終わりに

宮本佳緒里さんの展示、惜しみつつ終了いたしました。
最終日まで、作品を選びにいらしてくださる方々、
そして、「12か月のガマグチ」の文章と作品の展示を見にきてくださる方々。
たくさんのあたたかな想いが行き交った展示でした。
ありがとうございました。

宮本さんがゆっくり願いを形にして、自然の恵み豊かな今の暮らしに移られてから、
その1年のそれぞれの季節に心に映ったものを、ガマグチに形で見せてほしい!
そんなことを思っての企画のお願いでした。
この一年、もちろんほかのお仕事もなさりつつ、心のどこかに今展のことを置いてくださって、
文章を残し、少し寝かせで鎮め、彫琢して完成くださいました。
その文章と、ガマグチ群が一堂に会して、今回の展示が出来上がったのでした。

企画者としては、後半、もっと宮本さんに添って伴走させてもらい、
他にもいろいろなかたちで、皆様にお届けできることをしたかったのですが、
今年の夏は今までにない大きな企画展が入ったこともあって、
力不足でそれが叶いませんでした。
それでも、宮本さんは、精一杯楽しんで、味わって、たくさんの作品を生み出してくださって!
感謝の気持ちでいっぱいです。

次回は、約一年半後。
2016年の浅き春にお願いしております。
さあ、どんな投げかけをさせてもらいましょう!
こうご期待ください。

:::

稲垣哲の靴のオーダー会もありがとうございます。
さっそく制作に入っております。
尚、店頭には新作も合わせ、現品販売の作品と、ご注文をスタッフが承っております。
(ブルーのよい革が入って、紐のショーツブーツの現品、23㎝、23,5㎝が
特におすすめです)

ご希望をおっしゃっていただけましたら、作者在店日を調整しますので、
ご希望のお客様はどうぞヒナタノオトまで、お問い合わせくださいませ。

IMG_1231 (267x400)

(靴職人とその息子!ですので、こんなTシャツとロンパースをプレゼントしました。
Tシャツは、こちらに注文いたしました → ブーツ&スティックス

IMG_1290 (267x400)

:::

そして、3日(金)からは、舞良雅子さんの布の展覧会が始まります。
案内状には

大判のショールは大人の装い。
巻いても羽織ってもスタイルが生まれる中振りの布。
ネックウエアのバリエーションも豊かに。
今年からの秋冬を共に過ごす舞良さんの布。
盛岡からたっぷり届きます。

と、書きました。
到着が楽しみでなりません。
今年の秋冬の布選び、ぜひお出かけくださいませ。

10moryo