あかあかと始まります。

IMG_0032 (427x640)

お出迎え

IMG_0036 (640x427)

片側

IMG_0043 (640x427)

堀内亜理子さんの漆器。
漆絵は、その時代を描く!と、クッションに包まれた林檎まで。
赤の無地と、ともにたっぷりとした丸さが和やかな存在感のお重。

IMG_0044 (640x427)

人気のお弁当箱、楕円は二種。

IMG_0046 (640x422)

こちらはサンドイッチ用にと作られたふたもの。
食卓にもいいですね。

IMG_0047 (640x426)

小皿もいろいろ。
上質の漆器の小皿を贈り、贈られるというのはいかがですか。
使うたびに艶が豊かに育って、心のつながりもほっこり育まれそう。

IMG_0045 (418x640)

亜理子さんの好きな花。
しし唐と長芋。
率直な気持ちが絵に昇華されていて。

IMG_0038 (640x427)

LCFさんの大胆なペンダント。
菊石とも呼ばれるアンモライト。

IMG_0063 (427x640)

サンゴを用いたペンダント。

IMG_0064 (640x427)

コーラル(左)とローズクォーツ(右)

IMG_0065 (640x426)

ガーネット。

個性的なデザインとともに、上質の石をシンプルに仕立てたものも。

IMG_0040 (640x427)

IMG_0039 (640x427)

心に響く石の魅力を身につけて。

IMG_0060 (427x640)

今野恵さんのフェルト。
この存在感、北欧を思い出します。
長い冬を幻想的な物語で楽しんで。
そんな雰囲気を、今野さんのフェルトが醸し出しています。

IMG_0058 (640x427)

帽子!
赤を颯爽とかぶって冬の街へ。

IMG_0056 (640x427)

IMG_0061 (640x427)

JUNIOさんのカップとカラーコンビが合っていますね。

IMG_0035 (640x425)

Ohamaさんの革は、少し朱色がかった上質なもの。
使い込むうちに深く艶めいて真紅に育っていきます。
人気のお財布のほか、パスケースや小銭入れなど小物も充実。
アクセントに赤い小物、きっとお喜びいただけますね。

IMG_0037 (428x640)

ため息が出るような絵が描かれたスカーフ。
金属の佐々木ひとみさんの原画をスカーフに仕立てたもの。
ベルギー アントワープ王立芸術アカデミージュエリー科を卒業したひとみさん。
日本の大学では油絵を専攻されていて、今も絵を続けていらっしゃいます。
かわいい、というより、ちょっとポワゾンを秘めた切なさが絵の印象を深めています。
綿ローンと、シルクシフォンの二種。
素敵な桐箱にお入れしています。

IMG_0048 (425x640)

URIZUNさんのストールとマフラー。
赤系の糸で織り上げた今シーズン新作二重織。

IMG_0050 (640x427)

「裏と表で少し違う見え方の格子の中に点々と実を入れて
一枚づつ素材や点々の入れ方は違いますが
シルクとウールで軽くて暖かい巻物が仕上がりました。」

とは、作者の言葉。
全体の調和の奥行に、URIZUNさんならではの複雑な織のテクニックがひそんでいます。

「点々、丸々、ふあっと」
今シーズンのURIZUNさんのキーワード!

IMG_0049 (640x427)

織の組織が生かされたふわっとしたネックウエア。

IMG_0051 (417x640)

こちら、URIZUNさんのボルドーレッドのストールとなんともシンクロしていた
加藤キナさんの革のコーナー。
Bud PowellのLPジャケットもお持ちくださいました。

IMG_0053 (640x418)

象牙と合わせたお財布と名刺入れ。

IMG_0054 (427x640)

賢治さんの帽子も、やっぱり赤なのでした。

IMG_0031 (640x427)

おまけ画像は、昨日搬入時に加藤キナさんがくださった「赤」。
今人気のカシス×マロンのケーキ。
キナさんの作品のカラーとぴったりですね。
展示!はできなかった!!ので、目でご一緒いただけましたら。

駆け足のご紹介ですみません。。
まだまだまだ、、ご紹介しきれていませんので、ぜひ、店頭でご覧くださいませ。
「やっぱり赤が好き」
開幕です!