松本美弥子さんの陶磁の器と装身具

IMG_4828 (600x400)

Joyeux Noël

松本美弥子さんの作品、独特の調べが奏でられています。

喜びやかなしみといった人生の味わいが、
うんと上質に引き出されて、静かに、そして愉しい表情をして、器となってやってきた。

なんて言ったら、松本さん、いやがるかなぁ。

でも、今回の「クリスマスに工芸を灯して」に向けて制作くださった作品、
どれもが松本さんの心の中の深いところで愉しみながら作られたものだと、
じんわり伝わってくるのです。

IMG_4829 (600x400)

揺らぐ片口。

IMG_4826 (600x400)

こちらは、ほんとうに揺らぐお皿。
高台はなくって、円錐。
集まりの席で、この器にクレームタンジュなど持ってお出ししたら、
「わぁ~!」って、歓声あがりそうですね。
白磁のマット、透明釉、銀彩と、いろいろ。

IMG_4825 (600x400)

このLPレコード盤のようなプレートも、創造を膨らませてくれますねー。
ホンマユミコは、プチフールやオードブルを、テンテンテンと並べたいなぁ。
とか、キウイをスライスして、イチゴをちょこんと載せてクリスマスカラーもいいなぁ、、
とか、真ん中の穴にガラスのころんとした小さな器にディップを入れて、
周囲にスティックを並べてもいいなぁ。。。ととめどなく妄想を申しております。

IMG_4803 (600x400)

サーカス小屋!
画像は大きくなってしまいましたが、こぶりなふたもの。

IMG_4804 (600x400)

チェスのような
IMG_4805 (400x600)

銀彩のふたものは、リビングのインテリアにニュアンスを生み出してくれます。

 

IMG_4742 (600x400)

ブローチもいろいろいろ・・・

 

IMG_4744 (400x600)

ペンダントランプ。

ほかにモビールも素敵なものがあるのです。
(画像、追記しますね)

松本さんのコーナー。
オトナのおしゃれなクリスマス。
ぜひ、今年のクリスマスのエッセンスに!