Ohamaさんのバッグと革小物

水曜日にて、Ohamaさんの革の受注会が終了いたしました。
一点一点を正確に心を込めてご希望を承っていたOhamaさん。
最後にいただいたご注文は夏のお届けになりそうですが、
どのご注文もお客様のお顔を思い浮かべながら、
一層丁寧なお仕事を心がけて制作します!とおっしゃっておられました。

Ohamaさんのお仕事とヒナタノオにいらしてくださるお客様とは
とっても相性がよいのだと感じています。
はじめにデザインありきではなく、素材や使い心地のための技術を生かしたつくり。
それに基づいて生まれた意匠は、強い個性というよりも、
使いながらじんわり手や心が感じていくデザインなのだと思います。

職人さんの元で修業を続けたOhamaさんは、
ご自身の制作と、今の流行や華々しく感じられる
作家ものとの距離を感じたことがあったかもしれません。
そのような中にあっても、
さまざまなジャンルの作家の方たちとの交流や、
ものを見る目を広げられて、
じんわりご自身のデザインを開花させていかれた気がします。
満を持しての受注会では、
その花々とも言える作品が、
求める方々のもとに選ばれていったような瞬間が続き、
私たちつなぎ手もとても幸せな時間をいただきました。

ほんとうに、ありがとうございました!!

今展を機に、Ohamaさん、ますますよいお仕事を進められることと思います。
皆様とともに、楽しみに期待を寄せ続けたいと思います。

Ohamaさんもブログに綴っていらっしゃいます。
→  

:::

Ohamaさんのバッグのご注文は現在ストップさせていただいております。
一部3月18日まで、現品販売可能なバッグをヒナタノオトにてご案内いたしております。

お財布二種に関しては、現品販売分はなく、ご注文を承ります。
納期はご相談くださいませ。
今後のOhamaさんの作品は、8月に日本橋三越展、
10月にヒナタノオトでの受注会を予定しております。
10月の受注会では、お早目のご注文に関しては、
クリスマス前にお納めできるように予定しております。

IMG_5542 (1280x1280)