松本美弥子さん(陶磁器・装身具)

百花展、服飾工芸が中心になっていますが、
その中でも器をたっぷりご覧いただこうと思っていますのが、
白磁に銀彩を中心に制作する松本美弥子さんです。

Q
松本さんは、百花展にどのような作品を出品くださいますか?

A
食のうつわや花のうつわ、ブローチなど
ふつうの暮らしを愉しむいろいろを出品します。

mm080215a (800x535)

花モチーフというよりも、凛と静かでありながら、
食卓や装いに品の良いはなやかさを映し出してくれる松本さんの作品。

Q
会場では、どのように作品を見ていただきたいでしょうか?

A
磁器の硬質なキリッとした部分とともに、
相対するやわらかさも感じていただければ、と思います。

mm080215b (800x533)

Q
松本さんのお好きな花を4つ教えてくださいますか。

A
好きな花は、ヒアシンス 、クリスマスローズ、サフラン、
立ち枯れした紫陽花です。

あまり前面には出していないのですが、工房の屋号?は「jacinthe」。
仏蘭西語でヒアシンスなのです。

matsumotomiyako
絵:大野八生

八生さんの絵、どれもこれもすばらしいのですが、
私はこの絵を見たとき、とくにどきっとしてしまったのでした。
皆さんも、それぞれに「どきっ」と出会われましたしょうか。

松本美弥子さんのHPはこちらです →