後期2/25~3/3

後期がこの水曜日から始まります。

出展作家は
Anima uni
OLD TO NEW
遠藤能範/遠藤博子(tass)
加藤キナ
菅野あゆみ
佐藤亜紀
古木裕子
岩野彩
竹中悠記
飯野夏実
nål mål (のおるもおる)
稲垣哲
の皆さん。

前期からは、
佐々木ひとみ(スカーフのみ)
Sawori works(バッグのみ)
sun and snow
高見由香(ハンカチのみ)
武井春香
TETOTE
nomama
ナカヤマサトシ
宮内知子(ブローチのみ)
calumma
大野七実
松本美弥子
の皆さんの作品を継続して展示販売いたします。

:::

あらためて、前期、ご来場くださいましたお客様、ありがとうございました。
たくさんの佳きお客様に恵まれて、出展作家共々感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、金曜日くらいから、、、あきらかに作品が少なくなってしまい、、、
日々、、というより刻一刻展示を変化、進化させてはみたものの、
見応えが十分ではなかった部分もあったように思います。
企画者としては、もっと前期出展作家数を豊かにするなどの、
構成を十分にすべきでありました。
反省であります、、、。
今後に向けて大変勉強になりました。

後期は、新たな出展作家に加え、前期出展者の中から充分な作品をご用意くださり、
引き続きご覧いただきたい作品を合わせて構成いたしておりますので、
たっぷり見応えある構成にいたします。
前期お見逃しのお客様、そして、前期ご来場くださいましたお客様も、
ご来場を心よりお待ち申し上げております。

:::

大野八生さんの絵は、後期出展作家のものに加えて、
前期から引き続き
tubu
Sawori works
佐藤千香子
sun and snow
堀内亜理子
calumma
さんたちのリクエストのお花を描いた作品を展示いたします。
ご希望のものがございましたら、ぜひご来場くださいませ。

:::

幸せなことに、企画展をすると、初めまして!の作家の方々も、
数年来の友人のように、すーーっと心が通って、ほかほかの関係になります。
そんな場づくりができているかも、、、というのが、
私たちの喜びのひとつです。
作品でリスペクトされるようにありたいという根っこにある心地よい緊張感と、
お互いを励まし合う柔らかな心。
百花展にも、そんな作家同士の醸し出す和らぎの空気が満ちています。
イナガキもホンマも足腰いささかお疲れ目ですが(苦笑)、
心は終わってしまいたくない感じ。。
しかし、あと半分、7日間しかありません。
惜しむ気持ちを、今この時、一期一会の実りと味わって!
みなさまのご来場をお待ちしております。