Table in summer

金曜日から始まる菅原博之さんの個展。
セッティングをほぼ終えました。

_MG_6334 (640x427)

今展、大きな鉢や皿をメインに構成されています。
たっぷりとした木の器っていいですよ。
どんな風にいいか、というのも、菅原さん、たっぷり写真をパネルにして展示くださっています。

_MG_6336 (428x640)

大きく分けて、黒漆、白漆、オイルフィニッシュの3カラー。
白漆は、経年でもう少し白くなっていきます。

_MG_6335 (640x427)

銅鑼(どら)鉢も。
ちらし寿司にもおすすめ。

_MG_6338 (640x414)

大きな木の器は、素材の表情や状態に左右されます。
なので、先に設計図があるわけではなくて、一点ずつ制作しながら微妙なラインを作り上げていくのです。
その美意識とそれを形にかえる手技が菅原さんの真骨頂。

_MG_6330 (640x425)

画像ではうまく映せていなくて申し訳ないのですが、
一目惚れ、、吸い込まれるように美しい鉢。
作者も会心の作のようです。

:::

カトラリーが大好評の菅原さん。
お弟子さんやスタッフが作っていれば、、、なのですが、
あの微妙な美しいフォルム、すべて菅原さん一人の手に生るものなのです。
なので、今回、黒のフォークが少し、、という状況です。

菅原さんのカトラリーに関しては、店頭でご注文を承らせていただくことといたしました。
なかなかお手元にお渡しできない状況ですが、展覧会中の店頭でのご注文に関しては、
確実のお渡しできるようにさせていただきます。

:::

小ぶりな器は、コカップ、チュカップ、ボウルなどが比較的数も豊かにご用意できています。
こちらもご希望のお客様はどうぞお早目にお出かけくださいませ。

:::

明日から三日間は菅原さんも在廊くださいます。
皆様のご来店をお待ちいたしております。
(ウクレレも用意しました!念のため♪)