2016へ

2015年もカウントダウンになりましたね。
ヒナタノオトも本年の営業を終了させていただきました。
今年も皆様のお蔭でこうして新しい年を待つことができますこと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

振り返ってみると、ここ数年の時間は、
地固めのような時間だったように思います。
浜町から小舟町に移り、こつこつと。
いろいろなことを整えながら、慎重に進んできたような気がします。
(知っている人は知っていますよね、
実はおっちょこちょいのお調子者だということ!
だから、尚更、こつこつを意識してきたのかもしれません。)

2016年を前に、これからはもっと飛躍の心で時に向かおう、
という気持ちでいます。
なんだかうまく書けませんが、そんな気持ちなのです。
何かが急に変わったり、生まれたりするわけではないでしょうけれど、
そんな気持ちの延長線に、どんな芽が出て、葉が茂っていくでしょうか。
私自身、楽しみなのです。

:::

新年は9日土曜日から空色の扉を開きます。
2016の最初の展示は、佐々木ひとみさんから。
「楽園を手がけて」
と名付けた展覧会です。

人生って、楽園を作ることだよね。
わはは、と笑いながらひとみさんと交わした言葉は、
ほんとうは私たちの根っこのつぶやきでした。
歓びも愉しみも哀しみさえも、
ひとりひとりが美しい楽園を仕立てる糧なのかもしれません。
さあ、2016年最初の展覧会は、佐々木ひとみさんの楽園を。
手がけられた装身具、スカーフ、オブジェなどをぜひご覧くださいませ。

案内状には、こんな言葉を綴りました。
初夏の日、フランスでモネの庭を見てから、
みんながそれぞれの人生の中で、素晴らしい楽園を作っていったら、
どんなに幸福で美しいことだろう。
そんなことを思ってきました。
ひとみさんの楽園。
それが、誰かの楽園づくりにつながっていったなら。。。
そんな思いで開く展覧会です。

:::

2016年春までのスケジュールをお知らせします。

1/9(土)-17(日) 佐々木ひとみ展

1/22(金)-31(日) 阿部春弥 林志保 morinosu 3人展

2/5(金)-17(水) Ohama 受注会

2/19(金)-28(日) 松塚裕子展

3/9(水)-15(火) 新宿伊勢丹にて、ヒナタノオト企画展

3/18(金)-27(日) 宮本佳緒里展

4/15(金)-24(日) TETOTE展

器の部屋ができましたので、展覧会の回数を昨年より増やしました。

また、3月には、新宿伊勢丹に初出展します。
舞良雅子さんを中心に20名ほどの作家の方による
春の光を感じていただけるような企画展を行います。
詳細、追ってお知らせいたします。

:::

年末の日々、どうぞお健やかにお過ごしくださいませ。
また、ひょっこり、北欧北ドイツ行の記録をアップするかもしれません!?
よろしければ、時々アクセスしてみてくださいね。

12249863_10208430524860879_5237057820647845546_n