楽園を育もう

佐々木ひとみさんの作品展「楽園を手がけて」
本日終了いたしました。
たくさんのお客様に恵まれることができました。
ひとみさん共々感謝の思いでいっぱいです。
ありがとうございました。

ひとみさんの作品の魅力、
その根っこにあるひとみさんそのひとそのものの魅力にもまいった!展覧会でした。
外見や雰囲気も愛らしいひとみさんですが、単なる女子力!
なんて言葉では言い表すことができない、豊かなキャパシティー。
そして、水面下でのとことんのがんばる姿。
新年早々、見習いたい!こうありたい!と感じることいっぱいでした。

ひとみさんには、3月9日から新宿伊勢丹で1週間開催する
ヒナタノオトの企画展への20名の出品作家のおひとりとして、
新作も交えて参加いただきます。

そして、来年の年明けには、もっともっと豊かに耕した楽園を。
ひとみさん、皆様からのリアクションにたくさんのエネルギーをチャージされて、
ますます楽園を育んでくださることでしょう。
来年1月の展覧会をお願いしていますので、乞うご期待ください。

IMG_8649 (640x421)

こちらは、男性のお客様N様。
花生けもなさる素敵男子の方ですが、ひとみさんの羽根の指環を。
とってもお似合いでしたので、パチリ。

:::

パチリをもう一枚。

_MG_7773 (640x427)

celesteのグリーンの靴3種をぴったり履いてくださった3人のお客様。
思わず「パフューム!」と叫んでしまいました。
だって、同じ生地でワンピースとショートパンツとミニスカートの
パフュームのようだったんですもの!!
愉しいお話しもたくさんしてくださって、ヒナタノオトに笑顔が充満いたしました。
ありがとうございました!!

:::

01utsuwa

次回の展示会は
「器の部屋 - 立春を前に」

1/22(金)〜31(日) 最終日 16:00まで

陶芸 ▪ 阿部春弥・林 志保
金工 ▪ morinosu

昨秋の「工房からの風」で出会った3人の作家の会を開きます。
春を前に新たな芽吹きの気配、感じていただきたいと思います。

18日(月)~20日(水)は、常設展示です。
大谷桃子さんから新作も届いたところ。
薄井ゆかりさんの裂織バッグ、URIZUNさんネックウエアもご覧いただけます。
ご来店をお待ちしております。