林志保さんの陶磁器

ソノヒカリ テノヒカリ
新宿伊勢丹本店5階 センターパーク
3/9(水)-15(火)
10:30-20:00

:::

林志保 花器

Q
岐阜県多治見市で作陶する林志保さんからも作品が届きます。
「ソノヒカリ テノヒカリ」展には、どのような作品を出品くださいますか?

A
花器やコンポート、オブジェなどを出品します。

くぐもった白やグレー、黒といったモノトーンの色調に、
なつかしいような、けれどとてもモダンな造形の作品が届きそうですね。

林志保 器

Q
林さんにとって、素材から感じるヒカリはどのようなものでしょうか?

A
土は、自身の感覚を素直に表現できる素材。
柔軟さが気持ちよく、難しくもあります。
焼成後の窯出しには毎回驚きがあり、日々発見です。

若い作り手の林さんが、舞良さん、菅原さん、津田さんたちと同じ空間に作品を置くことで、
新鮮な発見をされるかもしれませんね。
これからが楽しみな作家です。