萩原千春さんの陶磁器

ソノヒカリ テノヒカリ
新宿伊勢丹本店5階 センターパーク
3/9(水)-15(火)
10:30-20:00

:::

hagihara02 (1)

春の空気に満たされてくると、春の時間を楽しみたくなりますね。
お茶のひとときも春時間で。
使い心地のよいポットを制作する萩原千春さんにも出品いただきました。

Q
萩原千春さんは「ソノヒカリ テノヒカリ」にどのような作品を出品くださいますか?

A
2種類の大きさのポットを出品します。
春のあわい色合いを4色で。

hagihara01 (1)

白、ブルー、はちみつ色、さくら色。
迷うのも愉しい時間になりそうですね。

Q
千春さんが感じる素材の光(恵み、すばらしさ、惹かれるところ)はどのようなところですか?

A
土という柔らかい素材が焼くことによって、
別の材質になり、人と永い時間を過ごすものになるところに惹かれています。

陶土のこと、釉薬のこと、実践を積みながら研究も重ねる千春さんは、
素材の魅力について深い想いと知識があることと思います。
それらも相まって、この愛らしく美しいポットができるのですね。