ともとかなこさんのバッグ

ソノヒカリ テノヒカリ
新宿伊勢丹本店5階 センターパーク
3/9(水)-15(火)
10:30-20:00

:::

IMG_8865 (531x800)

Q
ヒナタノオトでは初めてご紹介させていただく、ともとかなこさん。
布でバッグを制作されています。
「ソノヒカリ テノヒカリ」展では、どのような作品を出品くださいますか?

A
今回は「ソノヒカリ テノヒカリ」のタイトルにもあるように、
春らしい、あたたかく、ウキウキするような光をイメージしたバッグを作りました。

始まりの季節、何も染まっていない生成り生地や、春に咲く花のような黄色、
それにシルバーやゴールドといった 光を受けてキラキラと輝くような色を使っています。
形もマルや球体のような、持ったときに楽しくなるような、バッグです。

16332

わぁっ!ゴールドの得も言われぬ曲線!

ともとさんのバッグには、いわゆる手仕事感を全面に出していないのですが、
実はとっても手がこんでいて、正確なお仕事なのです。
どこかのだれか風ではない、楽しさがりりしく感じられるようなバッグ。

Q
ともとさんにとって、素材の光はどのようなものでしょうか?

A
私は綿や麻などの天然素材の生地や糸を使ったり、または合皮など人工的なものも使います。
布という素材の魅力はやはり人の肌に近いことだと思います。
それは衣服として触れあう距離のことでもあり、手触りなどの感触のことでもあります。

そして、織る、編む、染めるなど、生地ができるまでの工程には
とてもシンプルだけれども力強く、
今までもこれからもずっと変わらない、奥深いものがあり
私が布という素材を使う上でとても重要な要素であると思っています。

16331

ともとかなこさんのバッグ、初日は大きな壁面にどーんと展示してみようと思っています。
即売ですので、数が少なくなってしまったらごめんなさい、なのですが、
ぜひ、実際の作品、見ていただきたいと思います。

ともとかなこさんは、3/9(水) 11(金) 12(土) 15(火)に会場にいらっしゃいます。