matsuricaさんのガラスの装身具とオヴジェ

ソノヒカリ テノヒカリ
新宿伊勢丹本店5階 センターパーク
3/9(水)-15(火)
10:30-20:00

:::

Exif_JPEG_PICTURE

Q
虹の光のようなガラスを生み出すmatsuricaさん。
今展ではどのような作品を出品くださいますか?

A
柔らかく温かなヒカリとシャープで緊張感のあるヒカリの2つのヒカリをつくりました。
装身具と春の草花を飾る小さな花器等を出品します。

Exif_JPEG_PICTURE

Q
matsuricaさんにとって、素材の光とはどのようなものでしょうか?

A
学生時代、どの素材を専攻するか迷った時に硝子に決めたのは
「なんかきれいだから」という理由でした…。

自分が硝子の何に惹かれるのか、何が好きなのか、
きちんと考えるようになったのは学校をでて何年もたってからです。

私の答えは「光」でした。
旅先でシーグラスを見つけた時に「あっこれだ!」と思いました。

やわらかくてあたたかな光の表情に魅力を感じ、
それをどういう風に自分の硝子で表現するかを今も考えながら手を動かしています。

Exif_JPEG_PICTURE

会場は百貨店の中ですが、ぜひ自然光のもとでも見ていただきたいmatsuricaさんのガラスです。

会期中3/9(水) 12(土) 13(日) 15(火)に在店くださいます。
春のヒカリ、ぜひ見つけてくださいね。