studio fujino 藤崎均さんの木工

ソノヒカリ テノヒカリ
新宿伊勢丹本店5階 センターパーク
3/9(水)-15(火)
10:30-20:00

:::

けやき軽

Q
ヒカリ、ということで淡い輝きの色調が多い今展ですが、
ヒカリは色だけではなくて、素材そのものが放つ存在感のことも思っています。
studio fujinoの藤崎均さんは、ほんとうに木材が好き!
木工の方は皆さん好きに違いはないのでしょうが、
藤崎さんの木材愛は、お話しを聴いていて惹きこまれてしまいます。
今展にはどのような作品を出展くださいますか?

A
春を感じてもらえるように、花びらのような小皿の出展を考えています。
ほかに、今展に向けての新作がいろいろできましたので、
ぜひ見ていただきたいです。

黒柿2軽

Q
studio fujinoさんが感じる素材のヒカリ(恵み、素晴らしさ、弾かれる所)は、
どのようなところでしょうか?

A
太陽のヒカリをいっぱい浴びて育つ樹木、
長い年月の中ゆっくりと育ち、その恩恵で木工の仕事をさせてもらっています。
木目にはその樹木の人生の軌跡が刻まれています。
人と同じく、苦労した木のほうが魅力的に感じます。

シャム柿軽

藤崎さんのブースは、木に魅せられた方が吸い寄せられるように集まってこられます。
もちろん樹種の豊富さ、表情の面白さもあるのですが、
藤崎さんならではの高い技術と美意識に基づく造形力が
樹々の魅力を一層引き出しているのですね。
美しい新作もとても楽しみです。

studio fujinoさんは3/9(水) 12(土) 13(日) 15(火)に会場にいらっしゃいます。