民藝のゆかり

やっぱり赤が好き 
初夏にもかかわらず!たくさんのご来店をいただき、ありがとうございました。

引き続き、Anima uniさん、Ohamaさん、佐々木ひとみさん、
高見由香さん、TETOTEさんの作品ご紹介しております。
お見逃しでご希望の作品がございましたら、お問い合わせくださいませ。

:::

5/13 (金) から、新しい企画展が始まります。
「民藝のゆかり」
(22 (日)16時まで)

05mingeinoyukari (1)

民藝にゆかりある作り手がつながりながら、
新鮮な提案をしていこうと企画が始まりました。

とはいえ、皆さん工房が離れ、それぞれに制作に精一杯で、
想いばかりで、なかなか具体案に進みません。
それならば、えいやっと集う機会を作りましょう!と、
第一回目の開催です。

試みとして、一人暮らしスターターキット?を作ってみました。
小風呂敷は、戸塚さんとイラズムスさん。
小箒いろいろは、吉田慎司さん。
針山は、角舘徳子さん。
箱は、和紙造形のにしむらあきこさんが作ってくださいました。

昔は、お引越しのご挨拶に官製はがきを隣近所に配ったんですよねー。
私、いただいたことありました、大学生のとき。
新居から便りを出すためのものだったんでしょうね。
そんな名残もあって、にしむらさんには、葉書もご用意いただきました。

おまけ?は、金沢の老舗針店、目細八郎兵商店の針。
金沢在住の友人に頼んで、選んできてもらいました。

揃ってみてのお楽しみ、詳しくは展示後にご案内しますね。

:::

角舘徳子さんは、こぎん刺しの服のオーダー会も行います。
服の縫製は、角舘さんの信頼するプロの方。
パターンなど、こちらも追って詳しくご案内いたします。

1f7cbf_6810a81d02284a44b8d3154101f37f25

:::

20日金曜日は、終日吉田慎司さんが在店くださって、制作公開&
ご希望の方に小箒作りのワークショップも行います。
当日受付ですが、もしご希望が確定されていましたら、
電話 03-5649-8048
または、メール → clickでご予約下さい。
筒型の愛らしい小箒2000円です。
(10名様分材料ご用意してくださいます。プレゼントにもおすすめ!)

:::

にしむらさんは、所謂民藝の方ではありませんが、
和紙の美しい箱がほしい!という私の希望を、
紙を漉いて、かたちにしてくださいました。
ゆかり(縁)ということで、special thanksであります。

そして、若手籠職人のあの方(笑)が、今回どうしてもスケジュールが合わなかったので、
気持ちだけ若い!尚さんに少しですが、籠を編んでもらいました。
こちらも、また、ご案内いたします。

金曜日からの民藝のゆかり展、どうぞお楽しみに!!

IMG_0021 (800x533)