ナマスって??

中本純也さんの個展、
9月10日土曜日から始まります。
タイトルは、「ナマス」
えっ?なますって、何?
ナマズ??

ナマス、こちらなどでご覧くださいませ。
→ click

少し深みがある重宝な鉢皿、と言えばよいでしょうか。
中国で古くは魚や肉を酢漬けにして食べたそうで、
それを盛るのに適した皿だとか、とかとか。

昨年のヒナタノオトでの純也さんの個展の時、
男性のお客様との会話から、純也さんモウレツにナマス皿が作りたくなったんだそうです。

薪窯で焼かれた均一ではない白のバリエーションが広がる純也さんの白磁。
食卓に断然出番が多い万能選手?のナマス皿。
基本、同じように作られながら、どれひとつ同じものがない、選ぶ楽しさも、
ぜひご堪能いただきたいと思います。

:::

我が家、たくさんの作家の方々の手になる器に恵まれています。
先日、ふと気づいたんです。
純也さんの白磁って、そのどれと一緒にいても、お互いが機嫌よくしているなぁって。
ふんわり存在感がありながら、誰もが仲良くしたくなるひと、のような。
ニュートラルでもあるけれど、無味乾燥なものではないもの。

ナマス皿は、まさにそんな純也さんの器にぴったりな姿でもあるなぁって。
だから、その男性のお客様との語らいの中で、純也さんピンっと来たのでしょうか。

もちろん、ナマス!以外の器も豊かにご覧いただきます。
19日月曜16時まで。
ぜひ、お出かけくださいませ。
純也さん、和歌山県龍神村から初日10日土曜日に在店くださいます。

:::

09junya

今回のDM。
ちょっと度肝を抜かれた?方もいらっしゃったような・・・。
実はこれ、純也さんデザインのものなのです。
純也さん、グラフィックデザイナーでもあったのです。
パソコン以前の時代に!
パソコンを使わない純也さんから「版下」で届いたこのデザイン。
今回のDMに使わせていただいたのでした。
デザインの感想も、ぜひ純也さんに伝えてみてくださいね!