菅原博之展 晴の木の器

菅原博之 展 晴の木の器、はじまります。

_mg_7254

_mg_7258

角の器、長角の器。
うつくしいかたち、質感、ぜひお手元でご覧いただきたい逸品です。

_mg_7282

角と長角。このように重ねることも。

_mg_7256

蓋プレート。
角の器の蓋として、プレートとして。

_mg_7307

お箸は5種。
手になじみ、こまかな箸使いを叶えてくれます。

_mg_7263

_mg_7269

_mg_7295

長椀は深さをいかした盛りつけを。
果物でしたら、ぶどうを房のまま入れたいですね。
菅原さんは「煮物にもおすすめです」と。
お皿やお椀などと並べると、食卓に高低のめりはりが生まれていっそう表情豊かに。

_mg_7285

_mg_7288

カトラリーも白漆、黒漆ございます。

_mg_7302

ひずみプレート

_mg_7292

今回の題字を書いてくださったのは書家の国分佳代さん。
上品な文字が、菅原さんの晴の木の器に添うように。

本日、菅原博之さん在廊くださいます。
(在廊日:12/9,10,11,17,25)

ご夫人のわかこさんによる”菅原家きほんのお出汁”を
博之さんの器でいただくwelcome DASHI もぜひお楽しみください。
お出汁の美味しさはもちろん、
器の口あたりのよさ、使いこんだ器を手に包んだ時の心地よさを
感じていただけることと思います。
ただいまのヒナタノオト、お出汁の香りがふうわり。

入り口側の部屋では継続して「クリスマスに工芸を灯して」を開催中です。

皆様のお越しをお待ちしております。