心の庭

こんにちは、稲垣早苗です。
ブログを個人で始めたのは2004年12月1日のことでした。
デンマークで撮りためた写真を整理しよう!
そう思い立って始めたhinataというハンドルネームでのブログ。
これがネットを通じた人の輪の始まりでした。

その後、ニッケのお庭のこと、
「galleryらふと」のこと、
「工房からの風」のことを綴っていくうちに、
「手しごとを結ぶ庭」を出版する機会に恵まれ、
「ヒナタノオト」を日本橋にオープンすることにもなりました。
ブログを通じて自分の心の姿が整えられていったり、
ブログを介して豊かな人との出会いを重ねられたり。
ブログにはたくさんの恵みをいただいてきたように思います。
今も「ヒナタノオト」と「工房からの風」のブログを綴っています。
けれど、訪ねてくださる方が増えるほどに、
それぞれの場以外のことを、いつしか書かなくなってしまいました。
なんだか場違いなような気がして。
「ヒナタノオト」や「工房からの風」の情報を求めてくださる方へ、
私個人の心の動きを伝えるなんて、ヘンだよねーと思えてきたのです。
そのうちfacebookやインスタグラムも始めましたが、
その楽しさ?と私にとってのブログが果たしてくれていたことは、
何か違うんだなぁ、とようやくわかってきたのかもしれません。

:::

庭がたくさんのことを教えてくれました。
一木一草、その姿からは自然のことわりを。
添える想いと手の営みからは、
見ること、感じること、考えることの大切さを。
ひとつひとつの個が熟していながら、
和してひとつの空間を生み出す庭というものの在り様が、
今の自分の仕事、そして生きていく姿の骨格となっています。
とはいえ、まだまだまだ、、のへなちょこな骨格。
鍛えがいはあり過ぎなのですが。

:::

心の庭を耕したい。
心の庭を丹精する人と出会い、響きあい、
そのささやかな庭を楽園へと育みたい。
そんな想いを持っています。
ほかほかな土に、豊かな緑や花々、虫や小鳥が行き交うような庭を希って。