大谷哲也さんのライスクッカー

シンプルな形の炊飯鍋。
以前作者のお宅に伺った時に、
大きな平鍋やライスクッカーでつくってくださったお料理を
哲也さん、桃子さん、それぞれの器でご馳走になりました。

その時から気になっていた「ライスクッカー」が
我が家にきてからは、炊飯に大活躍です。

研いだお米を十分に浸水させてから火にかけて15分、
蒸らして15分で美味しいご飯が炊けます。

炊きあがりの直前に蓋がカタカタ動いて、
もう直ぐですよ、と教えてくれます。

おこげにしたい時は少しだけ炊飯時間を長くします。
自在に付き合えるのがうれしいですね。

今日はトウモロコシご飯にしました。
明日は、大豆を煮る予定です。