手しごとの庭

新年あけましておめでとうございます。

2018年、まっさらな時間を目の前にすると、
まっさらな気持ちが満ちてきます。
正月という節は、美しい余白を与えてくれるんですね。

:::

昨年は、作り手の方々から新たな展開をうかがうことが多くありました。
土地や家を手に入れることになったひとたち。
工房や自らの作品を展示する空間を創りだしたひとたち。
おめでとう!おめでとう!!
そのような話をお聞きするたび、うれしくって仕方ありません。
皆さん、それぞれにお仕事が充実してきた証ですね。
次の地平に漕ぎ出して、いっそうご自身の想い描いてきた制作、
人生に邁進されることでしょう。

出産や、お子さんの進学などの成長の節目のお話を伺うことも多くありました。
待望の第一子や、二人目の子の父や母となったひとたち。
手のかかる幼子が、高校や大学に進学する眩しい青年の親となったこと。
おめでとう!おめでとう!!
その姿に触れるたび、うれしくって仕方ありません。
子どもの成長は、そのまま親の成長でもあるんですね。
育児と共にあった時間の中で、濃密に、精一杯、制作に励んだ実りは、
子どもから少しずつ手の離れていく時間の中で、
一層密度を増して、輝き出すことでしょう。

:::

元日という余白の時の中で、久しぶりに自著を開いてみました。
「手しごとを結ぶ庭」
2006年11月発行。
ヒナタノオトは2006年12月1日にオープンですから、
初めての出版と、初めての自らの店舗の開店が同時進行でした。
その渦中にいるときは意識していませんでしたけれど、
大きな波のような時間だったのだと思います。

「・・・
けれど、機は熟した。
今、ここに、私なりの小さな実を結んだ。
それを実感することも大切な仕事なのだ。
このままここに留まっていたら、いつのまにかに腐ってしぼんでしまう。
実ったささやかなものをこそ弾かせることこそ、
次の花や新しい果実につなげていくこと。
そう気持ちが固まっていった。」

長く勤めた会社から出て、自らの店舗をひらくときに綴った文章。
11年が経って、新鮮な想いで再会しました。

:::

「・・・
私が夢想するのは、花壇あるいは畑や庭。
もっと言えば土。作家や作品と根っこから関わっていきたいと思うのだ。
作家や作品を集めるというより、それらが生長していくような場。
作品が生えてきたり、実ってきたりするように感じられる、
ほかほかの土のようなショップ。
そんな場所を創っていけないだろうか。」

あらためて出会ったこの文章には、
今も変わらない仕事への想いの原点が綴られています。
この想いを胸に抱えて浜町のビルの二階で
ヒナタノオトを開いたのでした。
この根っこの想いが、現実のさまざまな大波小波の中でも、
行く方を見失わせずに、こうして仕事を続けさせてくれました。

それでも、あらためて思い返すと、
日々の中でかたまってしまっている「土」や、
耕せていない「土」もあるなぁという気づきます。
できてきたこと、まだできていないこと。
まだ花や果実を見れていないけれど、
これからの時間の中で、ぜひ咲かせたい花、
実らせたい果実があることに希望が湧いてきます。
そのために、「土」をふかふかとさせたいと。

:::

一昨年、昨年といただいた実り。
それらを次に弾いていくための力に出来ればと思います。
新たな気持ちで、ふかふかな土、場をつくっていきたい。
元日、そのことを深く思いました。

成長、進化しながら制作の、人生の時を熟していく作家たち。
出会えたそれらの人たちから佳き刺激をもらい、響きあいながら、
私の庭作り、人生の時を熟していこうと思います。
そんな場を「手しごとの庭」と心の中でなづけて、
その構想をたずさえて、新たなフェーズに入っていこうと思います。