言葉の日

「ね、知ってた?
きょうは言葉の日なんだって。
言葉の日、おめでとう」

10年前のきょう5月18日、蜜柑の花の香りが降る夜、
本や詩や手紙を愛してやまない友がおしえてくれたこと。

いつもそばにいてくれる言葉たちに、
「ありがとう」と「おめでとう」の気持ちを込めて、
きょう、あたらしいノートを開こうとおもいます。

宇佐美智子「言葉の日」
気まぐれ18日更新

今日はご挨拶も兼ねて、一冊の本のご紹介を。

『本の島 vol.1』
−「本の島」上陸に向けて。 本の島 News Letter No.0 津田新吾

文芸・人文書の編集者、津田新吾さん(*1)が生前構想をしていたブックレーベル「本の島」。
早くに旅立たれ、「本の島」が出版社というかたちをとることは叶いませんでしたが、
島へといざなう同志に向けた手紙を「本の島vol.1」(2012年5月刊。「本の島」編集部)で
読むことができます。

巻頭6頁にわたる「本の島」への希望にあふれた手紙をはじめて読んだとき、
宝物を見つけたように心ふるわせたことを覚えています。

綴られているのは、南の海に浮かぶ白い珊瑚のかけらから生まれた島の物語。
嵐と平穏を繰り返し、幾千幾万の日々と島の隆起とともにさまざまな「はじめて」がおこります。
鳥の飛来、流れ着いた種子の芽吹き、さらなる隆起に川と滝がうまれ虹がかかる、蝶が舞う‥
けれど島に「人」が現れるのはまだ先のこと。

“太陽が昇り、太陽が沈む。月が満ち、月が欠ける。”

長い漂流を経ていつしかたどりついた「人」はついにあるものを島に運びます。

“太陽が昇り、太陽が沈む。月が満ち、月が欠ける。やがて島に人が流れ着く。最初の人は果樹の種を運んだ。種を撒き、植えた。強烈な太陽の光が植物を育てる。貝を採り、魚をつかまえ、食べた。二番目に流れ着いた人は植物の樹皮から繊維を剥がし、身に纏う衣服を作った。樹木の葉を集めて家も作った。三番目に流れ着いた人は、犬、山羊、孔雀を連れてきた。動物たちは野へ散り野生化した。漂流民は定着した。太陽が昇り、太陽が沈む。月が満ち、月が欠ける。島に流れ着いた新たな人は、長い漂流の果てに言葉を運んだ。一冊の本だ。本のかたちをした言葉。読まれるのを待つ言葉。書かれた言葉。騒がしい話し言葉ではなく、静謐な言葉がやって来た。島に最初の本がやってきた。”

この章の頃にはすっかり自分も島民の一員の気持ちになっていて、
はじめて「本」が運ばれるさまは何度読んでも胸が熱くなります。
読む度に「本」と出会い直している様にも思えます。
けれど、貝や魚を食べたり、服を着たり、家を作るのと同じように、
「人(わたしたち)」と「本」とのかかわりはとても自然なこと、
生きることととてもちかいことだったのかもしれません。

そして考えます。
同じ海にあるほかの島々のことを。うつくしい群島。
そこにはきっと「工芸の島」もある、と。
(「工芸の島」を作りたい!)

*1 津田新吾さんのお仕事と「本の島」についてはこちらに詳しく書かれています。
http://honnoshima.blogspot.jp
編集を手がけられた堀江敏幸さんの「おぱらばん」や
須賀敦子さんの「時のかけらたち」などをお読みの方もいらっしゃることでしょう。

また、「本の島vol.1」をしばらく、ヒナタノオトの本棚にそっといれておきます。
ご興味のある方はぜひご覧ください。