鈴木美佳子さん

鈴木美佳子
長野県
日々の暮らしにほっこりと和む時間を生みだすアースカラーの陶器

セレクションブース(在店なし)

:::

工房からの風、本展へは3回目の出展となる鈴木美佳子さん。
福島で震災に遭われ、今は長野に工房を構えられました。
久しぶりにご参加いただけること、スタッフと共に喜んでいます。

Q1
今展にはどのような作品を出品くださいますか?

A1
白い生地(半磁器)に象嵌という技法で線を施した器をメインに展示します。
マンガン釉の黒茶の器も少し展示する予定です。
組み合わせを楽しんでいただきたいと思っています。

作風ががらりと変わった美佳子さん。
けれど、ゆっくり触れてみると、底に流れているトーンは変わらないものを感じます。
美佳子さんの以前の作品を知っている方も、
新たに出会う方も、ぜひ掌にとってご覧ください。

Q2
来年の夏休み、鈴木美佳子さんはどのように過ごしてみたいですか?

A1
夏は普通に作業(陶器作り)を淡々としていたいと思っています。
作業の合間に温泉にでも行けたら幸せかなと思います。

ささやかだけれど、たしかなしあわせ。
淡々とした時間が、美佳子さんの器の成熟を育んでいるのですね。