風景

松塚裕子さんの個展が終了しました。
産休、育休を経られての再スタートの個展。
終わってみれば、たくさんのお客様にあたたかく愛され、見守られ、励まされたような時間でした。

たくさん制作いただいたとはいえ、なるべく広やかにお選びいただきたいと、
点数制限などもさせていただき、特に初日には幾つかのお願い事もいたしました。
行き届かない点が多々あったかと思うのですが、
お越しくださったお客様は皆様ほんとうにあたたかで、
競ったり、緊迫した状況などにはならず、楽しそうに迷って!くださる方も多く、
松塚さんの表情もとてもお幸せそうでした。

「とてもよい再スタートが切れました!」
最終日、ぴかぴかの笑顔で帰られたとき、この展覧会は、
あたたかな気持ちでお越しくださった皆様と一緒に創れたんだなぁ!
と安堵と気づきに包まれました。

昨今の一部の熱狂的な器購入のパッションや転売については、
ギャラリー、ショップとしては困惑もし、思うところもいろいろあります。
今回もそのことで正直不安もありましたが、
お陰様でこうして展覧会を終えることがきましたこと、あらためて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

裕子さん、じっくりますますよいお仕事に向かわれると確信しました。
この6日間にヒナタノオトに出現した「器のある風景」は、
お選びくださったお客様のもとで新しい「風景」を作り出していることと思います。
そして、今展で心にたくさん蓄えられた豊かなものを糧に、
また、裕子さんが美しい風景を映し出す作品をつくりだしてくださることでしょう。
こういう循環こそ、現代にものを作る個人の仕事の真骨頂だと思います。

次回の展覧会は、「春待つ光」
佐藤亜紀さんと、glass accessory tubu さんの二人展です。
あの、、ですね。。。。
私もびっくりだったのですが、案内状制作のために届いたそれぞれの作品、
色がぴったり!!だったんです。
春色の紫と水色と黄色。

打ち合わせなしで、こんなことって!!
春の光に祝福されているような。。。
作者の佐藤亜紀さんと山口美妃さんは初日16日に在店くださいます。
今回はどんな風景が生まれるのでしょうか。
ぜひお出かけくださいませ。

:::

新しいメールマガジン、ご登録いただけましたでしょうか。
「ひなたより」
って名前にしてみました(笑
ブラタ〇リ、みたい??

ご登録どうぞよろしくお願いいたします。

ひなたよりに登録 → click