竹口要さん 陶磁

ヨーロッパのアンティークにも通じる、
新鮮な感覚の器。春のテーブルの装いを豊かに。

前期 3/13(水) – 19(火) セレクションブース
竹口要 陶磁 滋賀

Q1
竹口要さんが今展に出品する作品を教えてくださいますか?

A1
今展のテーマである「春を灯す」をイメージし、
輪花皿をメインに出品いたします。

カトラリーレストやカップも
それに合わせてお使いいただくイメージです。

燭台となるカンデレロもご用意しています。
色は砂金色と薄雲色の2色(一部の作品は砂金色のみ)で、
春の鮮やかな食材が一層映える色合いです。
皆様にも明るい春をふんわり灯して頂けるといいなと思っています。

Q2
竹口さんがこの春に味わってみたいものはどんなものでしょうか?

A2
私はパンが大好きで、いつも自分で作ってみたいと思い続けて来ました。
この春こそ美味しい手作りパンを自分の器で食べてみたいです!

:::

写真からも洗練された器と、その世界観がぐっと迫ってきますね。
竹口さんには、ご自身がいだく確かなイメージと、それをかたちにする技術が備わっていて、
生み出される作品がとても安定して感じられます。
実際には、高い完成度のために、きっと私たちにはわからないご苦労が多いと思うのですが。

器が空間を生み出していく。
空間がその場にいるひとの心を整え、寛がせ、心地よくしてくれる。
竹口さんの器のファンの方々は、その秘密に触れて、新作に出会いたくなってしまうのだと思います。
私もそのひとりとして、展示を楽しみにしています。

尚、竹口さんの在店はございません。