中矢嘉貴さん 木工

木々の中からキラリと輝く木目が現れる。
制作時の宝探しのような喜びが、
器を形づくります。

前期 3/13(水) – 19(火) セレクションブース
中矢嘉貴 木工 静岡

Q1
中矢さんは、今展にどのような作品を出品されますか?

A1
生木から形づくったうつわ、花器、キャンドルLEDランプの他、
リングレスト、ボールペン、名刺入れを出品します。

名刺入れ以外は自前で用意した材木
(富士山周辺から自分で集めた木々)でつくりました。
全て自前材で、という理想に一歩近づきました。

Q2
中矢さんがこの春に新調したいものはありますか?

A2
この春より、柄にもなくPTA会長!に就任するので、
スーツに合う革靴など必要かな??と思っております。

:::

静岡県に暮らす中矢さん。
富士山周辺から自分で集めた木々でのものづくりを目指して制作を進めてこられましたが、
こうしてその理想に近づいてきたんですね。

樹々の息吹きがダイレクトに感じられる花や食の器ですが、
強すぎることなく、すっと空間や食卓にとけこむところが中矢さんのフォルムです。
置いたり、使ったりする想像しながら、作品をご覧いただけたらと思います。