橋村野美知さん ガラス

光を通した色の重なり、
思いがけない色の出現に見る新鮮なガラスの表情に、
幸せの光景を描いて。

前期 3/13(水) – 19(火) 独立ブース
橋村野美知 ガラス 神奈川

Q1
橋村野美知さんは、今展にどのような作品を出品されますか?

A1
コンポート、アイスクリームカップ、ヨーグルトカップなど、
「盛るうつわ」をいろいろつくりました。

それから、色とりどり、形もとりどりの一輪挿し。
春の花をなげいれて欲しい大ぶりの花器。
ごくごく水を飲んでほしい背の高いグラスもあります。

 

Q2
野美知さんが、この春に新調したいものはありますか?

A2
ブローチ。
唯一身につけるアクセサリー。
つけたら大人に見えるようなもの。

Q3
野美知さんの在店予定を教えてください。

A3
3/13(水) 終日
3/15(金)12:00 – 19:00
3/16(土)12:00 – 19:00
3/17(日)12:00 – 19:00
3/19(火)12:00 – 閉店まで

の予定です。

:::

季節は季節ならではの光があって、そのどの光のもとでも、
野美知さんのガラスはきれいに感じますが、
この3月、桜を前にした季節はことに映えるような気がします。

伊勢丹でのこの催事に時には、年度替わりのお祝いやお礼に
心を込めたお品を選ばれる方も多く、
野美知さんのガラス作品は、それにもとてもふさわしく、
今年も多くの方々の想いを伝える品ともなって、
様々な地の光と結び合うことと思います。

ミモザイエローも印象的ですね。