nibi 装身具

白い光を纏う純銀。淡く煌めく月色のゴールド。
素材の色を大切につくられた装身具たち。      

前期 3/13(水) – 19(火) 独立ブース
nibi 金属装身具 神奈川

Q1
nibiさんは、今展にどのような作品を出品されますか?

A1
真っ白なシルクのような、白く優しい光を身にまとう純銀の装身具。

そして、お月さまの明かりをイメージして配合したゴールドのジュエリーたち。

控えめながら、柔らかい佇まいを携えた装身具たちをご紹介いたします。

Q2
nibiさんは、この春に新調したいものはありますか?

A2
新調したいものは、、、と聞かれると彫金工具。の一言。
こもりっきりの私たちにとってはこれです。

ですが、お出かけして新調したいものはというと、、、ガラスの器です。
瑞々しさを携えて、光を通す感じがとても好きです。
不注意で割れてしまった大切な大切なお気に入りのガラスの器の代わりに、
今年も良き出会いがあるといいなと思っています。

Q3
nibiさんの在店予定を教えてくださいますか?

A3
3月13日(水)  11時-19時
3月15日(金)  11時-19時
3月16日(土)  11時-19時
3月19日(火)  11時-19時

に、石原がご案内をいたします。
ほかの日は、nibiの作品をご紹介できるスタッフが在店いたします。

急な変更があるかもしれませんが、このように予定しております。

:::

:::

「鈍色」(にびいろ)という古い日本の色の名前から
nibiと名付けられた芳田慎平さんと石原真美さんのブランド。

たとえば、銀、シルバーと一括りに言っても、
その色合いはさまざまに異なります。
繊細な色の名前をブランド名にされたnibiさんの作品は、
まずその色調が美しく、金属の色合いを新鮮に感じるとることができます。

派手な造形ではなく、身に着けると指や腕、
耳元、胸元がなんとも品よく美しく映える装身具。
飽きることなく愛着が深まる金属の作品をぜひお手に取ってご覧ください。