萩原朋子さん 陶芸

小さな動物達の佇む風景をモチーフとした花入れ。
心に灯る思い出の一場面を重ねていただけますように。

萩原朋子   千葉

Q1
萩原朋子さんは、今展にどのような作品を出品くださいますか?

A1
小さな動物達の佇む風景をモチーフとした
花入れ、蓋物、ペーパーウェイトなど。
テーマのミモザをモチーフとした小鳥のブローチも。

Q2
萩原朋子さんがこの春に味わいたいものはなんでしょうか?

A2
工房と自宅の間にある小さな畑でほんの少し野菜などを育てています。
いつも失敗してばかりです。

それでも、春から夏にかけてはちょこちょこと収穫を楽しむ事ができます。
今植えてあるのは、苺、ブロッコリー、絹さやなど。

沢山は穫れないけれど、
「これ、うちでとれたのだよ!」
と家族でわいわい言いながら食べる一時が楽しみです。

Q3
萩原朋子さんの在店予定を教えてくださいますか?

A3
在店は、初日の20日と、最終日の26日を予定しています。

:::

大人の目線で愛らしさを感じるファンが多い朋子さんの作品。
今回は、隠しテーマのひとつ、
ニッケの羊をモチーフにした作品も作ってくださいました。

そのまま飾るのも素敵ですし、
草花などを添えて小宇宙を創り出す楽しさもある朋子さんの作品。
お礼やお祝いの想いをこめたご進物にもおすすめします。