豊田陽子さん 染め

光りの粒子、香る草花、
薄靄の中に辿った記憶の結晶。
春の気配を身に纏うストールに染めあげました。

豊田陽子 染め 長野

Q1
豊田陽子さんは、今展にどのような作品を出品されますか?

A1
手染めとプリントのストール、スカーフを出品します。
素材は綿、麻、シルクです。

手染めは友禅の技法を応用し、直接布に絵を描くように染めたものと、
刷毛で何度も色を重ね染める引き染めです。

今回は花の模様の他に、光、輝き、反射、音、香りをイメージした
少し抽象的な作品を出品します。

Q2
豊田さんがこの春に味わいたいものはなんでしょうか?

A2
春に食したいものは、フキノトウです。
家の畑に顔を出し始めると、春だなあと思います。
少しほろ苦く、春の息吹を感じる独特の香りに惹かれます。

Q3
豊田さんの在店予定を教えてください。

A3
20日から24日と、最終日26日の午後から在店いたします。

:::

長野で制作する豊田さん。
春の苦みがこれからの季節を迎える心身の目覚めになるのですね。
出品される作品からも春の息吹きが伝わってきます。
ふわり、ぜひ会場でまとってみてください。