針の森 ・牛平安代二人展

針の森 ・牛平安代
– 刺す/彫る/綴る –

4/27 (土) 〜 5/2 (木)
12:00~18:00
会期中 金曜休み 最終日16:00まで

作者在店日
針の森 4/27 (土) , 28 (日)
牛平安代 4.27 (土) , 28 (日) ,29 (月・祝)

精緻なこぎん刺しをふっくらと綴る、針の森さん。
昨秋一緒に向かったデンマーク・イサガー工房でのツアーで、
すてきな作り手と出会いました。
トーヒルさんというその方の小さな工房にぎゅっとつまった「好き」の数々。
伸びやかに、自由に、ひとりの女性のセンスのクールさとほほえましさが、
なんとも素敵なさじ加減で。
針の森さんのドストライク!だったようなのです。

感激!に頬を紅潮させる針の森さんに、
こぎんからも放たれて、自由にチクチクしてもらいたい。
そんなこと想って、今回の出展をお願いしてみました。
針の森さんの「好き」がぎゅっとつまった展示にしませんか、と。

案内状用の撮影は3月でしたから、現在、さまざまな「好き」が完成していることと・・・。
3月に撮らせていただいたものを少しご紹介いたしましょう。

この裏側は

こちらの裏側も、チクチク。

たっぷりとした布も!

:::

昨年の「工房からの風」での出会いからやりとりを深めさせていただいている
京都在住の牛平安代さん。
工房名から「きりかぶちゃん」なんて、呼ばせていただいています。

さまざまなブローチに、ストーリーがひそんでいます。

心を澄ませて彫り綴る木彫像、その小さな世界がヒナタノオトに集います。

27日土曜日からの二人展。
こまやかな手仕事、 刺す、彫る、綴るの世界。
ご来場をお待ちいたしております。