展示始まりました

「クリスマスに工芸を灯して」
最初の週末を送りました。
会期中、5回の週末があるんですね。

ヒナタノオトの誕生日は12月1日。
13歳になります!
こうして続けていられること、
お客様、そして出品作家の方々をはじめ、関わってくださる方々のお陰です。
心より感謝いたします。

2週目、次の週末30日(土)~12月5日(木)には、
5000円以上お買い上げくださいましたお客様へ
三角くじをご用意いたします。
ささやかながら、感謝をこめての一足早いクリスマスプレゼント!
ぜひ、お出かけくださいませ。

さくっとですが、作品画像を。

菊田佳代さん。
赤とクリスマスを想う絵がとても素敵です。
小振りな作品は数が少なくなってきましたが、大ぶりのお皿、おすすめです。
菊田さんは12月7日土曜日に仙台からお越しくださる予定です。

諸般の理由(わかる方はわかりますよねーー)があり、画像をあまり載せられないのですが、
牛平安代さんの作品も充実しています。
ひとつひとつに添えられた箱書きの文章とイラストもぐっときますので、ぜひゆっくりご覧いただけましたら。

col tempoさんのフィレンツェで学ばれた革工芸。
ぜひ、お手に取ってご覧ください。
col tempoさんは、12月1日日曜日に在店くださる予定です。

世良順さんのジュウリーも充実しています。
アクセントに心楽しいピンバッチやブローチにピアス。
パールはとくに多彩に制作くださっています。

佐藤亜紀さんは信楽から。
亜紀さんの赤はクリスマスを想って。
グレーは冬の空気を心に描いて。
このシーズンから使い始めていただいて、年中ご愛用いただける風合いの織りです。

白井隆二さんも偶然ですが信楽から。
モノトーンが印影美しく。
他に見ない質感が新鮮です。

吉田史さんのろうそくとマッチ。
ほかにもとても充実した作品構成です。
史さん、水曜日には在店くださる予定です。

高見由香さん。
バードシリーズと冬色のモザイクタイル。
「黒鳥」などは初日にぴったりのお客様にお選びいただいていますが、
「白鳥」などは現在もご覧いただけます。
会期中追加もご予定下さっています。

ほかにも、たくさんの作品とともにお待ちしています。
おまけ?画像。
先日の針の森さんのご紹介後、
大きなとうかんやポーチと数名!のうさぎさんはお選びいただきました。
現在のヒナタノオトでは、この3にんのうさぎさんが瞳を閉じて!
佳き出逢いをお待ちしています。

森友見子さんの再生紙のレリーフは、白い壁にほんとうによく似合います。
上のあじさいの花のリースは、広島へ越された大切なお客様k様よりお贈りいただいたもの。
ありがとうございます!
皆様と一緒に楽しませていただいています。

第一弾のさくっと画像で失礼いたします。
空色の扉の中で、ヒュッゲな!クリスマスに工芸を灯して、お待ちしております!