週末のヒナタノオト

「クリスマスに工芸を灯して」
今週末に向けて作品が新たにいろいろ加わります。
引き続き絶賛!開催中です。

イナガキは今日デンマークから帰国しました。
クリスマスマーケットやクリスマスを前に彩られたお店や家々、街並みを巡ってきました。

土日とヒナタノオトにおりますので、デンマークのお土産などささやかながらおすそ分けできればと思います。

+++

ヒナタノオトは二室ありますが、奥の部屋では菅原博之さんの木工展が始まります。
クリスマス、お正月という晴れの日に使い始め、けれど日々の暮らしにも美しく添う木の器。
一年半ぶりのヒナタノオトでの菅原さんの個展、ぜひお出かけくださいませ。

それにしても、このDMのお料理、夫人のわかこさんのお手製!
料理人ですか!という鮮やかさ。
すばらしいですねー。
そして、撮影は博之さん。これまたすばらしいですねー。

そのわかこさん、14,15の土日には、博之さんの器に風呂吹き大根をサーヴィスしてくださるとか。
ウエルカム・風呂吹き!!
タイミングをみてのご用意なので、混雑の折はご用意できないかと思いますが、
ひょっこりタイミングが合いましたら、ぜひお召し上がりください。

私には夢があります。
 それは私の仕事がこれから大人になる誰かの夢に重なることです。
 その実現の場所が百才だったらいいのにな、と思っています。

和紙造形作家のにしむらあきこさん。
ヒナタノオトでは包装紙のデザインもしていただいたり、そのすばらしいお仕事を折々ご紹介させていただいています。
にしむらさんの工房がある東村山の百才(ももとせ)。
ここでは、「東村山の縁をつなぐ文化施設、百才(ももとせ)の庭を作りたい!」
というクラウドファンディングを行っています。
→ click

ヒナタノオトでは、イメージパネルのリターンで支援に加わらせていただきました。
支援期間は12月16日(月)午後11:00まで。
ぜひ、ページをご覧になってみてください。

あきこさん、ブログでは「惜しみないひと」という記事も寄せられています。
→ click

ほんとうに、惜しみないひとなのです、あきこさん。
実はあきこさんは複数いるのでは???
と思うほど、作家として、母として、あきこさんとして、、、惜しみなく生きるひと。

惜しみない」とはどういうことなのかを、ブローチのように胸元に留めておき、気がついたら手で触っている

という表現がとっても素敵ですね。
心に留まった言葉をブローチのように胸元に留めてみる気持ち、大切にしたいですね。

と、あれこれお知らせをさせていただきました。
まずは、金曜日定休日に展示を新鮮に創り上げて、週末、皆様をお迎えしたいと思います。
空色の扉の中、この週末ならではの空間になりますね。
ご来店をお待ちしております。