『パターソン』

映画を観てはその世界に浸った子供の頃、
ジャッキー映画を観てはカンフーマスターになりきり、
ジーン・ケリーに憧れてはへっぽこタップダンスでジタバタしたものです。
映画を観た後に新しい世界が待っている。
映画体験の醍醐味かもしれません。

そんな「世界が変わる魔法の映画」に久々に出会いました。

ジム・ジャームッシュ監督の『パターソン』

昨年公開の映画なので、すでに観ている方も多いのではないでしょうか。

ニュージャージー州のパターソンと言う街に暮らす、
バス運転手のパターソン。彼の日常を一週間描いた物語。

映画的カタルシスも無ければ、大した事件も起きません。
淡々と同じような毎日を繰り返すパターソンの生活ですが、
ライフワークの詩を書くことで瑞々しい日常に生まれ変わります。

お弁当箱を下げて出勤する見慣れた道すがらも。
バスの運転中に耳にする乗客のたわいのない会話も。
不思議と、美しく、愛おしく、思えてきます。

「自分らしい生き方をつかむ手かがりは、日々の生活の中にある 」
監督の言葉です。

詩を書くパターソンが世界を詩的に見つめるように、
その人らしい生き方で世界を見渡したら、
変わり映えしない毎日も新しくかけがえのないものになる。
日々取りこぼしているモノをきちんと汲み取れる、
そんな視線をもらった映画です。

宝物のような一本。

有言実行

この冬に「一番好きな食べ物は筍」と友人が言ったので、
八百屋の店先で筍が並び始めるとその子の事を思い出すようになりました。
筍を見るたびに友人が
「春だね。嬉しいね。」
と言っている気がして、この春はその子でいっぱい。

同じ様に私も、京都のフワっと軽いお煎餅が好きで
「京都に行った時は何が何でもお店に寄る!」
と鼻息あらく話していたら、
素敵な方が京都でそのお煎餅を買ってきてくれました。
嬉しい。
大好物を久々に食べれる嬉しさよりも、
旅先で私のバカみたいな熱弁を思い出してくれた事が嬉しくて、
いつもよりフワっと甘くて最高に美味しく感じました。

言葉って凄いな。
こんな単純な「コレが好き、アレが好き」ですら
時空を飛び越えてその人を思い出すのです。
会ったことの無いあの人の言葉、
もう会えないあの人の言葉も。
言葉を放ったその人が、
受け取った人によって自由自在にそこに現れる。
言葉って偉大です。

そんな言葉の力を信じる私ですが、
「有言実行」これに関しては悪戦苦闘の連発。
そこまではっきり宣言をしていないので、
結果もはっきり覚えていない…と言うのが現実ですが、
今回この場で声高らかに宣言してみようと思います。
目指せ!有言実行!です。

ここ数年肌の調子が良くなく、
アトピー性皮膚炎がなかなか治りません。
お世話になっている皮膚科にかかって、のらりくらりしていたら、
なんとなく良くなって、なんとなく治らない…こんな状況。
先生に毎回言われる言葉「甘いものは食べない、しっかり寝る」。
そうです、甘いもの食べてます。
かなり積極的に。
そして消灯時間がかなり遅い。
あと一踏ん張りで治せるとしたらコレだな…と
『脱スイーツ』と『早寝早起き』に一縷の望みをかけてみようと思います。

私の周りで健康の為に、人生の為に、
生活をガラッと変えてキラキラ輝く人が何人かいます。
ガラッと変えるって本当に大変な事。
続ける事は更に大変。
それをやってのけたからこそのキラキラは、
のらりくらりしている私には眩しくて眩しくて。

・脱スイーツ
・早寝早起き

キラキラを手に入れる為にしばらくはこの生活を続けます。
いざ!有言実行生活です。

いろいろなところで熱弁をふるった
「コレが好き・アレが好き」が
パワーを発揮して私の手元に届いてしまわないか…
あの京都のお煎餅をスルー出来るのか…

言葉の力はどう働くのでしょう。
まずは数ヶ月頑張ってみようと思います。
結果をご期待下さいませ。

お気に召すまま

今月から月に一回程度、
スタッフの佐藤暁子ことnomamaさんからのメッセージをお届けいたします。

ところで、上機嫌、ってすばらしいですよね。
彼女の笑顔に触れるたび、いつもそんな風に思います。
心身共に健やかっていいなぁって。
けれど、その笑顔を支えているのはこまやかな思いやり。
その笑顔と心配りにスタッフ全員助けられていることも、ここに告白しておきましょう。
(面と向かって言えないですものね、ふふ)

日々の中でひとりの「上機嫌!」な女性が感じることごと
本人は「箸休めの気持ちで、お気に召すままお読みください」と申しております。
では、では、こちらもどうぞよろしく!お願いします。

+++

皆様こんにちは。
スタッフの佐藤暁子です。
nomamaの名前で織ったりワークショップを開いていますので
「のままさん」「のまちゃん」などと呼ばれています。
スタッフになって3年目の春、
ヒナタノオトのブログに毎月文章を載せる事となりました。

3年目になると作家仲間やお客様にも単純な性格がバレて来ましたが、
初回という事で自己紹介を。

「繊細でエキセントリック」に憧れ続け、
若い頃から試行錯誤を繰り返してみましたが、
親から引き継いだDNAには抗えず、残念無念
「ご機嫌で能天気」が私を表す言葉となっています。
ヒナタノオトのスタッフになって、この性格を言葉にして「いいね」と
大いに認めもらった事が自分の中では大きな変化になりました。

こんな私が「作り手」と「つなぎ手」としてバランスをとりつつ、
どんな形で皆様のお役に立てるか…
そんな事を考える日々にオットが面白い話をしてくれました。

本好きのオットがあるエッセイを読んだ話です。
オーロラを見に行った著者の友人、10日間の滞在中、
前半は関西から来たおばちゃんグループと、
後半は山の手のおばさま達と行動を共にした。
関西のおばちゃん達はとにかく明るく笑いが絶えない。
不思議なことになかなか見られないオーロラが毎日見られ、
一方、山の手のおばさま達は、口を開けば誰かの文句やツアーの不満ばかり。
こちらも不思議な事に、オーロラがピタッと見られなくなってしまったのだそうだ。
著者の友人はひとつの啓示を得る。
「明るく前向きなエネルギーは、オーロラを呼ぶ」

北極圏まで行かなくても、人との出会いや毎日の暮らし、
仕事の細部にオーロラは現れると思っています。
それは、その時々をどんな気持ちで臨むかによって変わってくるものだとも思います。
自ら楽しんでいれば、楽しいこと嬉しいことで満たされる。
本当にそうだな…とヒナタノオトのスタッフになってからの日々を思い返しては納得してしまいました。

オット曰く、私は「先天性 オーロラ組」との事。
こうなったらこの性格を「いいね」と認めてくれた場所で最大限に生かすしかありません。
この根っからのご機嫌力で、ヒナタノオトに集まる皆様とオーロラを存分に楽しみたいと思っています。

ブログでも店頭でも、どうぞ宜しくお願いいたします。