夏のおたのしみ桃サンド 

食の時間をことに大切に暮らす陶芸作家の松塚裕子さん。
桃の季節ならではの記事をお寄せくださいました。
読み終わったら、すぐに桃を買いにいきたくなりますよ、きっと。

+++

今年も大好きな桃の季節がやってきた。
箱を開けると、ふわふわと光る産毛につつまれた美しい色の桃がごろごろ。
小さな生き物を愛でるようにそっと手の平にのせて、
しばしその手ざわりや重みを楽しむ。
追熟を待つあいだに、部屋の中にひろがる香りまで甘くおいしい。

果物はまるかじりが一番!という家だったので、
夏の朝には洗っただけの桃がそのままごろんとお皿にのってでてきた。
実をきずつけないよう、淡い色した薄紙をはがすように慎重に皮をむいて、
クリーム色の果実をがぶり。
起きたての、額にぺっとりと張り付く髪もそのままに、
あふれる果汁で手をべたべたにしながら無心で食べる桃の美味しかったこと!
物心ついてから、よそのお宅で美しいくし形に切りそろえられた桃が出てきたときは、
「桃ってこうやって食べるんだあ」と心底おどろいた。
桃サンドのことを知ったのは、
どこかで読んだ川上弘美さんの短編小説だったと思う。
そこに出てくるのは、切った桃を食パンにはさむだけのシンプルなものだった。
桃のみずみずしさをパンで受け止めるようにして食べる場面がずっと心に残って消えなかった。

さまざまな記憶の中の桃の姿を追いかけながら、
この夏何度もくりかえし作った桃サンド。
まるかじりを存分に楽しんだのち、
夏の昼下がりにしっとりと冷やして、ぜひ召し上がってみてください。

材料 
桃 1個
サンドイッチ用の薄い食パン(おすすめは10枚切りのもの) 4枚
生クリーム(乳脂肪分が40以上のもの) 150ml
砂糖 大さじ2~お好みで
水切りヨーグルト 大さじ3~お好みで
※ヨーグルト200mlをコーヒーのフィルターに入れて一晩ほど水切りしておく
レモン果汁 大さじ1

1・桃の皮を丁寧にむいて、くし形に切り分ける。変色しないようにレモン汁を振りかけておく。

2・生クリームに砂糖を加え、氷水にあてながらとろんとするまで泡立てる。

3・2に水切りヨーグルトを加えて、パンに塗れる固さになるまでさらに混ぜる。
  加えるヨーグルトを増やすと、よりさっぱりめに仕上がります。好みに合わせて加減してください。

4・パン4枚全てに、クリームをこんもり塗る。真ん中にむかって少し多めにのせるとよいです。パン2枚分に、くし形にした桃をのせてクリームを塗っておいたパンでサンドする。上からむぎゅっと全体をやさしく押して、パン、桃、クリームを密着させる。

5・4をそれぞれラップでぴっちりとくるみ、冷蔵庫へ。1~2時間ほどねかせて、全体をなじませてしっとりさせる。

6・耳を切り落として、お好みの形に切る。

できあがり。桃はぜひ、完熟のやわらかい甘いものを!

Text,Recipe & Photo | 松塚裕子

+++

松塚さんの器に盛った桃サンド。
なんともおいしそうですねーー。

松塚さんからは少し前にご寄稿をいただきながら、
すぐにアップできずにすみません!!でした。
桃もピークが過ぎてしまいそうです。
ぜひ、どうぞ、お早目に。
新たな記憶の頁、おいしく綴ってみてくださいね。

松塚裕子さんのHPはこちらになります。
→ click

鴨川産夏蜜柑のケーク

さわやかな初夏に、とっておきのデザートレシピをひとつ。
ご紹介いただくのは金工作家 Anima uni の長野麻紀子さん。
作品の世界観に通じる透明感のあるお写真とあわせてご覧ください。

夏蜜柑の爽やかな香りをたのしむケーク。
マーマレードを使うことで、しっとりふわふわの触感に仕上がります。

〈材料〉直径15.5cmの丸型 1台分
○生地
卵黄 3個
無塩バター 70g
砂糖 30g
夏蜜柑マーマレード 大匙3
夏蜜柑の皮のすりおろし 1/2個分
柑橘類のピール 数枚
夏蜜柑果汁 小匙1
レモン果汁 小匙1
アーモンドプードル 40g
薄力粉 70g

| 卵白 3個分
| 砂糖 30g (卵白用)

○アイシング
粉糖 70g
夏蜜柑果汁 適量

○飾り
柑橘類のピール 数枚
あればミントの葉っぱ

<作り方の手順>

型にオーブンシートを敷く、もしくはバター(分量外)を塗って薄く薄力粉をはたいておく。
柑橘ピールは細かな微塵切りにして夏蜜柑果汁でふやかしておく。
バターは湯煎もしくはレンジで温め溶かしておく。
オーブンを180℃で予熱する。


ボウルに卵黄を割りほぐし砂糖を加えながら泡立て器でよくすり混ぜる。
溶かしバターを分離しないよう少しずつ加え、ふわっとするまでよく混ぜる。


マーマレード、夏蜜柑の皮のすりおろし、柑橘ピール、残りの果汁を加え、さらに混ぜる。


別ボウルに卵白を泡立てる。
途中、砂糖を3回に分けて少しずつ加えつつ、角がピンと立つまで泡立てる。


手順③にアーモンドプードルと薄力粉をふるい入れ、ヘラでさっくりと混ぜる。
混ぜきらずとも粉が多少残るくらいに。


手順⑤に泡立てた卵白を3回に分けて加え、ボウルの底からヘラでさっくり混ぜる。
卵白ができるだけ潰れないように混ぜるのがふわっと焼きあげるこつ。


型に流し入れ180℃のオーブンで50分焼く。
表面がキツネ色になったら(オーブンにもよりますが25分くらい)、
焦げすぎないよう型に合わせたアルミホイルの蓋をふわっと乗せてさらに焼く。
竹串を刺してみてなにも付いてこなければOK。


アイシングを作る。
粉糖に夏蜜柑果汁を適量加えてスプーンでなめらかになるまでよく混ぜる。
やや固めが望ましいでしょう。
飾り用の柑橘ピールは斜め薄切りに。


焼きあがったら冷めきる前に生地を型から取り出し、
粗熱が取れたらアイシングをかけて柑橘ピールを飾る。
あればミントの葉を彩りに添える。

夏蜜柑はぜひとも無農薬のものを。
手に入らない場合は、丸ごと粗塩でごしごし洗って皮に付いたワックスを落としてから使います。
柑橘類のピールは夏蜜柑が手に入れば最高だけれど、レモン、オレンジ等なんでもOK。
柚は香りが強いため、そのほかの柑橘がおすすめです。

Recipe & Photo | Anima uni 長野麻紀子

:::

こちらの「鴨川夏蜜柑のケーク」の夏蜜柑は、店主稲垣早苗が鴨川で採取したものです。
ヒナタノオトで5月に開催した「Anima uni あめつち」展の会期中に、
長野さんが美味しいケークにしてくださいました。

大野七実さんのスクエアプレートに盛り付け、紅茶とともに。
安齋新さん、厚子さんのカップ&ソーサーはヒナタノオトでご案内しています。
しっとりとした白味の色調が美しく、丁寧な手仕事による和やかで品のよい器です。
大野七実さんのスクエアプレートは現在欠品中ですが、
丸皿、オーバル皿はございます。

スクエアプレート 大野七実
コーヒーカップ&ソーサー 安齋新 厚子