北欧写真帖


どうして北欧の小さなひとつの国に、こんなに通うことになってしまったのだろう。

北欧の和み・デンマークの扉をあけて

1992 アンヌ・ドゥールト・ミキルセンの歌声に惹かれて、デンマークに興味を持つ。
1996 デンマーク語を習い始める。
初めてのデンマーク旅行。ボンホルム島へも行く。
あ、また来るな、きっと、と思う。
1999 ボンホルムのフォルケホイスコーレへ。
2008 9月、「北欧の和み・デンマークの扉をあけて」(アノニマ・スタジオ)出版。
同月、「ヴィルヘルム・ハンマースホイ展・静かなる詩情」(国立西洋美術館)が開催。
同著の中にもこの心惹かれるデンマーク画家についてエッセイを綴っています。
2017 夏、29回目の渡航をしてきました。

関わったデンマーク関連の主な雑誌

住む。5号住む。5号


住む。21号
「住む。」21号


「デンマークボンホルム島。校長先生のふたつの家」
国民高等学校(フォルケホイスコーレ)の校長を長く務めた筆者の恩師でもある夫妻を、バルト海に浮かぶ島に訪ねました。
暮らすことと働くことを、心豊かに過ごしたふたりのふたつの家から伝わってくるもの。
13頁にわたって、写真(38点)と記事を寄稿しています。


住む。27号
「住む。」27号


「画家ハンマースホイが描く「静謐」に出会う旅」
ハンマースホイが愛着を持って描き続けたストランゲーゼを拠点に歩いたコペンハーゲン。
ひとりの画家が求めた、室内に宿る美しさを訪ねた初夏のデンマーク紀行。
15頁の特集のうち、11頁に写真(47点)と記事を寄稿しています。


北欧の道具と暮らしたい北欧の道具と暮らしたい


FIKA お手本は北欧のカフェスタイルFIKA―お手本は北欧のカフェスタイル